眼科で検査を受けてベースカーブの値を知ろう

 

カラコンを装着する目は、平らではなくて緩やかなカーブを持っています。
この目のカーブに合ったカーブを持つカラコンを装用しなければ、装用したときに違和感を感じてしまったり、レンズがずれてしまうことがあります。このレンズのカーブの具合を示す数値のことをベースカーブと言います。

 

ベースカーブの数値を知るためには、眼科医を受診して、眼の検査を受けなければなりません

 

しかし、ベースカーブは、一度計測すれば、簡単には変わる数値ではありませんので、その後は、その数値と合ったカラコンを購入することです。

ベースカーブ

正しい買い方について

 

カラコンに限らず、コンタクトレンズの内面のカーブのことを、ベースカーブと言います。
これは、数値で表され、その数値が小さいほどカーブもきついものになります。カラコンの買い方としては、初めて買うときには、眼科の病院に行って、このベースカーブを測ってもらう必要があります。

 

そうしないと、自己判断で購入してしまっては、カラコンが瞳孔からずれてしまったり、サイズが合わないために、長い時間装用することが出来なくなってしまったりします。

 

カラコンのベースカーブに注意

 

皆さんは、ベースカーブという言葉をご存知でしょうか?

 

ベースカーブとは、コンタクトレンズについている丸みの事で、人の眼球の丸みに沿うように作られています。
カラコンを購入の際にも、この丸みをきちんと調べた上で購入しないといけないのは、言うまでもありません。
仮に目のカーブに合わないカラコンを装着し続けた場合、目に傷がついたり、目の病気にかかってしまったり、最悪の場合には失明に至る可能性もあります。

 

インターネット上における口コミ情報にも、これらを無視して装着したせいで目のトラブルに遭ってしまったという声が多数寄せられています。
コンタクトレンズやカラコンは、眼科でベースカーブに気を付けてカラコン度ありを購入するようにしましょう。

 

きちんとしておかないと、カラコンを装着した時に思いがけない瞳の病気になることがあります。

 

 

ケースも洗浄と定期的な交換が必要です

 

カラコンを使用する際には、眼科でベースカーブを検査してもらったりして、きちんと目の事を考えて使用することが大切ですが、見落としやすいのがカラコンのケースについてです。

 

それは、カラコンを保存しておく場所であり、瞳の中に入れて置くよりも、ケースの中に保管されている時間の方が一般的に長いのです。従って、ケースもお手入れは必須なのです。
具体的には、保存液は毎日新しいものに取り替えることが必要ですし、定期的に洗浄したり、3ヶ月を目安に交換する必要があります。


このページの先頭へ戻る